面接に不安はあって当たり前

ほとんどの人が、面接に不安を感じています。

面接に不安はあって当たり前

面接に不安はあって当たり前
ほとんどの人が、面接に不安を感じています。とくに、新卒で入社した会社を2〜3年で辞めてしまった第二新卒の人、転職歴が多い人、前職を辞めてから半年以上のブランクがある人など、なんらかの引け目を感じている人は「自分の過去を問いただされる」「人としての価値を否定される」と恐怖を感じがちです。

でも安心してください。その不安は誰にでもある当たり前の感情です。そしてその不安は前向きなエネルギーに変えることができます。不安を解消する一番の方法は、自分のホンネと向き合う、応募先の企業を調べるなど、とにかくしっかり準備することです。どんな質問を投げかけられても「自分の言葉」で堂々と語れるよう準備をします。応募先を徹底的に下調べし、自分が入社したらこう働く、と十分にシュミレーションして、自信をつけておきます。

例えば、第二新卒者の場合、応募者は「すぐ辞めた」と厳しく質問されるのではないのかと不安を感じているならば、「なぜすぐに辞めたのか」「辞めて何を実現したいのか」を整理し、応募先で「実現したいこと(志望理由)」を整理しておきます。また、ブランクがある場合は、応募者は、「怠けていた」と受け取られるのではと不安を感じているならば、応募先で活躍するために必要な能力を整理し、自分の能力で足りないものをどう強化してきたかを整理しておきます。