面接に不安はあって当たり前

就職や転職をするときは面接を受けなければなりません。

面接でできるだけ緊張しないようにするには

面接に不安はあって当たり前
就職や転職をするときは面接を受けなければなりません。自分の入りたい会社に入れるかどうかということを決めるものなので、面接の時はほとんどの人が緊張します。緊張することは人間として自然なことなので、緊張のことをあまり気にするのは避けた方が良いでしょう。それでも緊張しすぎて、自分の言いたいことも言えないようになると面接で落とされてしまう可能性が出てきます。面接で緊張しない良い方法は、まず自分の心の状態を把握することです。面接の前に自己PRや志望動機を頭の中でもう一度整理してみます。

それがうまくいったら、多少の緊張はあっても自分の精神状態は安定していると言えます。面接の時もうまくいく可能性が高いのでそれほど心配する必要はありません。極度の緊張で、あらかじめ考えた自己PRや志望動機が頭の中でまとまらないこともあります。そんな時は、深呼吸を数回して自分の気持ちをとにかく落着けましょう。気持ちが落ち着いてきたら、もう一度自己PRや志望動機を心の中で繰り返します。

面接を受ける前に、模擬の面接を何回か受けてみるのは、本番で緊張するのを防ぐ良い方法です。転職のサイトの中には模擬面接を行ってくれるところがあるので、そういったサイトに登録して、模擬面接を実際に受けてみます。転職サイトに登録しなくても、自分の家族や友人に自分の志望動機や自己PRを聞いてもらうこともできます。この時大切なことは、自己PRや志望動機の良い点だけではなくて、悪い点も指摘してもらうことです。そして指摘してもらった悪い点を、本番の面接の時までに改めるようにします。