面接に不安はあって当たり前

景気が長期間低迷すると、企業の募集が減り、書類選考でさえ、なかなか通らないこともあるでしょう。

面接が不採用でもどこかにチャンスはあります。

面接に不安はあって当たり前
景気が長期間低迷すると、企業の募集が減り、書類選考でさえ、なかなか通らないこともあるでしょう。応募者からすれば、それはとても辛いことで、とくにはじめて転職活動をする人は、不採用通知が何通も来れば気が滅入るでしょう。ただ、ほとんどの場合は面接の内容が酷かったから不採用にしているのではなく、「接点」がなかったから、つまり企業側が求めていることと応募者の能力ややりたいことが合わなかったために不採用としているだけなので、深く落ち込む必要はありません。

従って、「どこかにチャンスはある」と楽観的にかまえ、割り切って進むべきです。不採用を嘆くよりも、採用してもらうための自分の材料を吟味し、面接への準備に費やすエネルギーに転化させることが大切です。ただし、楽観的にとはいえ、転職活動で不採用が続いたときにはいったん立ち止まり、現実的な決断が必要な場合もあります。転職活動を始めたばかりの人は、自分の積み重ねてきたキャリアとは異なるやりたい仕事を追いかけがちですが、転職活動では、積み重ねてきた年相応のキャリアが重要。キャリアはないけど、やってみたいという考えだけでは厳しいのが現実です。不採用から学ぶべきことは多いもの。取捨選択しながら、キャリアを生かせる仕事を見つけていきましょう。

注目度がUPしている求人について、ユーザーが多いこのサイトで情報収集しましょう☆