面接に不安はあって当たり前

転職面接では、応募者は応募先企業との接点を見つけて、それを相手にイメージさせることが必要です。

面接で勝つために過去の不満とうまく付き合う

面接に不安はあって当たり前
転職面接では、応募者は応募先企業との接点を見つけて、それを相手にイメージさせることが必要です。その接点を見つけるための一歩目は自己分析で、その基本は、自分のキャリアの振り返ることです。多くの転職希望者は、前の会社に不満があるので、自分の過去と向き合うと「あんな仕事はやりたくなかった」「あの上司が嫌だから辞めた」などと後ろ向きの考えにとらわれがちです。しかし、そうしたネガティブな考えは、じつは「本当はこうして働きたかった」ということの裏返しに当たります。

「不満があるから転職する」との表現は、反転させ「不満を解消したいから転職する」と表現してみましょう。そうすると後ろ向きだった転職理由が、自分の気持ちにウソをつくことなく、転職の目的に転換されます。転職理由に不満しか浮かんでこない人は、まずは前職での不満をすべて紙などに書き出して見てください。そして、「○○が嫌だった」などという言葉を「次は○○な環境で働きたい」といった未来志向の言葉にしてみましょう。例えば、ノルマのキツい営業はもう嫌だというネガティブな転職理由をノルマのキツくない営業職として働きたいという未来志向の転職理由に反転させるという具合です。そうすることで、これからの希望条件や転職の目的があぶりだされるはずです。

注目度がUPしている求人について、ユーザーが多いこのサイトで情報収集しましょう☆