面接に不安はあって当たり前

転職先を探し、希望の求人をみつけたら、応募をします。

転職の面接の服装に気をつけよう

面接に不安はあって当たり前
転職先を探し、希望の求人をみつけたら、応募をします。そして、面接が行われます。面接に行くときには、スーツを着ていくのが一般的です。職種によっては、スーツ以外の服を着ていくこともありますが、ほとんどの会社ではスーツを着ていきます。スーツを着る前には、ホコリや、シワがないようにクリーニングをしておきましょう。そして、スーツだけでなくシャツにもきちんとアイロンをかけておきましょう。シャツの襟や袖口などは汚れやすいので、汚れがないか確認をしておきます。

男性の場合は、シャツを着たらネクタイも締めます。ネクタイは、ブランドのロゴが大きくついているようなものや、キャラクターが書いてあるような柄のものは避けるようにしましょう。スーツは立つと靴下が見えませんが、面接で座ったときに、靴下が見えるので、派手な色ではなく、黒の靴下にしましょう。女性の場合は、スカートの下は必ずベージュのストッキングを履いておきます。伝染してしまうこともあるので、予備のストッキングをカバンに入れておくようにしましょう。そして、男女共に、派手なアクセサリーは外し、爪は綺麗に切っておきましょう。女性で髪が長い人はゴムで束ねておきます。