面接に不安はあって当たり前

面接の応募先のホームページを見るだけでは、企業分析は不十分です。

ウェブ情報からイメージして面接に臨む

面接に不安はあって当たり前
面接の応募先のホームページを見るだけでは、企業分析は不十分です。しかし「企業分析のために使える時間に余裕がない」人のために、30分でできるネット活用術を2つ提示します。まずホームページの情報から「自分のする仕事」を具体的にイメージする方法です。営業職志望であれば「取引先」を見てその取引先のホームページもチェック。「この会社に売るんだな」とイメージしてみてください。つまり大切なのは「見る」から一歩進み、実際の仕事を「イメージ」しておくことです。

2つ目は、「検索機能」の利用です。求人票に載っている要素をグーグルなどの検索エンジンに打ち込みます。例えば、応募先の業界・職種を検索してみてください。すると、その職業に就いている人のブログが引っかかり、有益な情報が手に入ることもあります。あるいは企業名をそのまま検索してみると、企業発信の情報だけではない「こぼれ話」が拾えるかもしれません。企業によっては、社の歴史を綴ったページを開設していることもあります。「設立当初はまったく違う業種だった」など意外な発見があることも多いので、確認しておきたいです。応募者の多くは、こうした情報収集を案外やっていないものるので、30分やるだけでも大きな差がつきます。

注目度がUPしている求人について、ユーザーが多いこのサイトで情報収集しましょう☆